歯牙移植について

歯牙移植とは、永久歯(大人の歯)で予後不良や抜歯適応歯があった場合、その歯を抜歯し親知らず(智歯)を移植できることがあります。
通常、抜いた歯を補うために保険治療ではブリッジと入れ歯がありますが、ブリッジは両隣の健康な歯をたくさん削る必要があり、入れ歯は食事の際に取れたり、取り外して手入れをする必要があります。
歯牙移植の利点としては抜いた歯を自分の歯で補える上、保険が適応となることです。
移植してから2〜3ヶ月後には普段どおりに咬むことができるようになります。
ただし、親知らず(智歯)の生え方や抜歯部位によっては移植が適応でない場合がありますのでまずは相談して頂けると幸いです。

関連記事

  1. 歯周病細菌検査について

  2. 栄養指導について

  3. TCH、顎関節症について

  4. 口臭検査について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP