周術期・抗がん剤治療中には、口腔内の状況により様々なトラブル・合併症が起こる可能性があります

トラブルその1 誤嚥性肺炎

気管挿管により口腔内の細菌が気道内に入り誤嚥性肺炎を引き起こす

  • 全身麻酔下の手術前後の方
  • 気管挿管をされている方

 口腔内の細菌を減らしておくと予防効果大!!

歯科では

  • スケーリング、PMTC、ブラッシング指導により細菌を減らす
  • 看護師さんが口腔ケアしやすい口腔環境を作る(虫歯の穴をなくす、義歯調整、取れかけの捕綴物の調整・再装着など)

トラブルその2 科学療法・放射線療法の副作用

科学療法・放射線の副作用により、口腔粘膜炎、口腔乾燥が起こる。強い痛みのため、お口から食べることが困難になることもある。

  • 科学療法をされる方
  • 放射線療法をされる方

 口腔粘膜炎の予防、重症化を防ぐことでリタイヤ防止!口腔乾燥対策

歯科では

  • 虫歯等で歯がとがっている部分や捕綴物・義歯・クラスプ等のあたる部分を調整、刺激をなくすことで口腔内粘膜炎を予防する
  • 口腔粘膜炎発症後の口腔内の管理により重症化を防ぐ

気管挿管・人工呼吸の口腔内損傷

気管挿管時に歯の破折、脱臼、粘膜損傷が起こることがあります

  • 歯の動揺がある方
  • 開口量の少ない方

 術前の歯科治療でリスクを軽減

歯科では

  • 動揺歯の固定もしくは抜歯、外れかけているブリッジの除去もしくは再固定
  • 歯や捕綴物のとがった部分を研磨しておくことで粘膜の損傷を予防する

歯科診療の流れ

  • 貴院で診療、歯科受診指示
    傷病名、抗ガン剤治療開始日もしくは手術予定日、処方薬剤の情報、血液検査データ(あれば)持参ください
  • 患者様より当院へ依頼・予約
    患者様ご本人もしくはご家族の方より当院までお電話いただき、「口腔ケア外来希望」とお伝えください
  • 当院で歯科診療
    ・診療は基本的に日・月・火・金曜日※になります(※2016年4月現在)
    ・場合により診療が数回にわたる可能性があります
  • 貴院で手術・治療
    手術後や投薬治療中も必要時に受信可能です。
PAGE TOP