• スタッフ写真
  • スタッフ写真
  • スタッフ写真
  • スタッフ写真
  • スタッフ写真
  • スタッフ写真
  • スタッフ写真
  • スタッフ写真

スタッフの声

  1. 受付アシスタントの声
  2. 歯科衛生士の声
  3. ドクターの声
  4. 理事長児玉秀樹の声

受付アシスタントの声

患者様の笑顔がうれしくて。

長く続けられる仕事を探していて、何気ない気持ちで採用試験を受けました。最初は、受付アシスタントの仕事を覚えることから始まり、勉強も必要でした。自分の全く知らない専門分野の中で、患者様の笑顔がうれしくて無我夢中で仕事をしていました。気づけば帰る時間になっている感じです。1日があっという間に過ぎていきました。入社して何ヶ月かたった頃、もっと患者様に笑ってほしいという気持ちが強くなってきました。受付アシスタントにできることを考え、上司に相談しました。

うまくいかなくてもいいからどんどん挑戦して。

この言葉に、私のやる気が爆発しました。自分のこうしたほうがいい!というアイディアが採用され、患者様が喜ぶ顔を見ると毎日が楽しくてとてもやりがいを感じます。natural smileは私の意見を尊重し、どんどんチャレンジさせてくれる場所です!忙しい時が多いので、ただ目の前の仕事をするだけではやりがいを感じられず、目標を持つこともできません。こうしたほうがいいと思うことは即実践!結果が良くなか卯手もすぐに次のアイデアを試し、どんどんチャレンジしていきます。こんなにいろんなことをチャレンジできる場所ってないと思います。

休日も大切にしてくれます。

休みのことって気になりますよね?聞きにくいことだと思いますし、入社してみないとわからない部分でもあると思います。natural smileは仕事ばかりでなく休みも充実しています。週休3日制で驚くくらい充実!旅行に行くなどリフレッシュする時間もたっぷりあります。習い事もできますよ。私は初めて仕事とプライベートをきっちり分けて楽しめるようになりました。

ページTOP

歯科衛生士の声

活躍できる場がたくさんあります。

スマイル講座を定期的に行っています。今はお母さんとお子様向けのものをやっていますが、今後は、色々な年代の方向けのスマイル講座をやってみたいですね。例えば、大学生とか。患者様でも、一番通っている方が少ない年代だと思います。大学に出向いて、みんなでワイワイしながらお口の中のことを知ってもらいたいですね。そうやって考えていると、目標とかやりたいことがたくさん出てきます。natural smileは、何でもチャレンジさせてもらえます。だから、試行錯誤の毎日ですが、みんなで成長していっている、という感じですね。

長い付き合いになるからこそ生まれるものがある。

natural smileは予防にも力を入れているので、患者様と長いお付き合いになることがほとんどです。もう何年も熱心に、スマイルプログラムにお越しいただいている方もいます。ショッピングセンターの中に医院があるので、買い物中の患者様にばったりと会って話し込んでしまうこともあります。ずっと通っていただいている方とは、信頼関係も厚いですよね。患者様が来るのがとても楽しみになりますね。もちろん、初めてお越しいただく方にも、ひとりでも多くの方と信頼関係を結んでいきますよ。

笑顔であるれる場所に。

natural smileはなぜデンタルサロンなのか分かりますか?そのネーミングにはこんな思いが詰まっています。患者様とスタッフが集い、笑顔で会話を楽しむ。あなたは歯医者で楽しむなんてありえないと思いますか?今はまだ、全国的に痛くなってから慌てて歯科に来る方が多いです。全員に予防の大切さを分かってもらうのは難しいのですが、スマイル講座や日々の診療の中で、予防の大切さを少しでも知ってもらい、natural smileのアポイント帳をスマイルプログラムの予約でいっぱいにしたいですね!!みんなが笑っていて、スマイルプログラムで私たちに会うことを楽しみにしてくださる、そんな笑顔でいっぱいの医院にしたいです。

ページTOP

ドクターの声

どんな時も安心して気軽にお越しいただけるデンタルサロンを目指して。

歯が突然痛くなると、患者様は誰もが不安を抱きます。そのような患者様が、いつでも安心してお越しいただけるよう、日曜・祝日関係なく年中無休で診察しております。歯がいつ痛くなるか分からないのに、日曜と祝日は診れません、というのは医者の都合ですよね。でも、natural smileが普通のことをやっているとスタッフは全員思っています。もちろん痛いときだけではなく、誰かとの待ち合わせ前に、エステ感覚で気軽にクリーニングにお越しいただくことで、大切な1日を快適に過ごしてもらえます。定期健診というと固い感じがして、敬遠されがちですが、natural smileの患者様はクリーニングやスマイルプログラムに来られる方がとても多いですね。
歯医者は、痛い歯を治すだけではありません。一生おいしくご飯を食べるために、より白く美しい口元で、患者様に自信を持っていただき、笑顔で溢れる日常生活を送っていただけるよう願っています。私たちは、治療の腕だけにとらわれず、本当の意味での患者様のためにできることを日々考えています。
なんでも相談していただけるとうれしいですね。

チーム医療だからこそできること。

週休3日制ということは、毎回担当が代わるのですか?とよく聞かれます。毎回担当が代わることはありません。患者様の都合を第一に、担当ドクターの出勤と合わせて予約を取っています。では、なぜこんなにもドクターがいるのか?natural smileのドクターは常勤・非常勤を合わせて12名います。こんなにもチーム医療に適している医院はないと思います。例えば、審美歯科が得意な先生、抜歯が得意な先生、根治が得意な先生、それぞれの得意分野があります。女性の患者様だとかなり見た目にこだわります。ですので、審美歯科の治療をする時は、その先生にお願いすることもあります。患者様にも、「次回は、審美歯科がとても得意な先生に診てもらいますね」と声をかけるだけで、前歯の治療に抵抗なく入ることができます。

ONとOFFの切り替えが大切。

スタッフがミスをすれば、指導をします。できていないと思えば教えます。それは、スタッフの成長のためでもあり、患者様のためでもあります。時には厳しく注意することもありますが、スタッフには自ら学ぶ姿勢を身につけてほしいですし、患者様により良い医療を提供するためには必要不可欠だと考えています。仕事中は厳しく、それ以外では笑顔で楽しくが大切だと思います。スタッフはそれぞれで努力をしているので、そういうのを見守るのもいいですね。患者様のことはもちろん、本当の意味でスタッフのことも考えられるドクターになりたいですね。

ページTOP

理事長児玉秀樹の声

病に休日なし。

よくnatural smileは年中無休で珍しいと言われています。しかし、病に休日はありません。医者は本来病気に合わせて仕事をして当然なのです。だからこそ我々は年中無休なのです。それは我々が珍しいのではありません。病気に合わせて仕事をしていない方が珍しいのです。多くの国民が思い込んでいる、医者は日祝が休みだという常識自体が間違っています。

病気を治す名医ではなく、病気にさせない名医になりたい。

この言葉をポリシーにしています。はたしてTVで取り上げられている心臓外科の匠、ガン治療の匠だけが名医でしょうか?心臓やガンの手術後、患者様は涙を流して喜ばれます。しかし、よく考えてみてください。ガンになる20数年前、近所のかかりつけ医から、タバコはダメですよ、多量の飲酒はダメですよと言われていたはずです。しかし、そういう医者は耳うるさく思われて人気がありません。natural smileでも、予防に重点を置いておりますので、耳うるさいと思われるかもしれません。また、地道で華々しいイメージもありません。しかし、そこにいる、病気にさせない名医こそが、これからの日本に求められるのではないでしょうか?

医療界に革命を起こす。

natural smileは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という近江商人の三方よしの理念を掲げています。医療に置き換えれば、患者様にとってよりよい治療を行い、それによって売上を上げ、スタッフの給料を上げ、優秀な人材を集め、日本を病気治療型社会から病気予防型社会に変えていこうと診療を行っております。

日本一の医療サービスを目指す。

医療経営についていえば、経営とは人間関係とほぼ同じだと思います。つまり、お客様が人間であるからこそ、企業経営も人間的なものになるのです。また、企業戦略もただ「良いお医者さん」ではなく、「あそこのお医者さんすごいよ」と、お客様に感動を生むような、期待を越えるようなサービスを心がけるようにしています。まだまだうちのスタッフはそこに至っていませんが、みんなが必至に努力しています。必ずや日本一の医療サービスを提供します。スタッフは、長く付き合うからこそ、その会社の良い点も悪い点も全て知っています。歯科でいうと、自分のスタッフがかかわりたいと思わないような歯科医院ははっきり言って難しいのではないでしょうか。スタッフは良い医療を提供していくためのパートナーです。船長は一人では大海を渡れません。機関長、操縦士、航海長、いろいろな人が必要です。つまり、ここに勤務してよかったと感じさせるのが理事長の務めです。雇用するスタッフの意識を高め、最善のの治療提供と感動を生むサービスの相互を提供することが、他社との競争に勝つ要因です。

ページTOP