周術期・抗がん剤治療中には、口腔内の状況により様々なトラブル・合併症が起こる可能性が!!

トラブル・合併症

(1)誤嚥性肺炎

気管挿管により口腔内の細菌が気道内に入り誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。

  • 全身麻酔下の手術前後の方
  • 全身麻酔下の手術前後の方

口腔内の細菌を減らしておくと予防効果大!

(2)化学療法・放射線療法の副作用

化学療法・放射線療法の副作用により、口腔粘膜炎、口腔乾燥が起こることがあります。強い痛みのため、経口摂取が困難になることもあります。

  • 化学療法をされる方
  • 放射線療法をされる方

口腔粘膜炎の予防、重症化を防ぐことで治療の中断防止!
口腔乾燥対策

(3)気管挿管時の口腔内損傷

気管挿管時に歯の破折、脱臼、粘膜損傷等が起こることがあります。

  • 歯の動揺がある方
  • 開口量の少ない方

手術前の歯科治療でリスクを軽減

診療の流れ

  • 傷病名、抗ガン剤治療開始日もしくは手術予定日、
    処方薬剤の情報、血液検査データ(あれば)持参ください

  • 患者様ご本人もしくはご家族の方より当院までお電話いただき、
    「口腔ケア外来希望」とお伝えください

  • 歯科診療
    場合により診療が数回にわたる可能性があります

  • かかりつけ医での抗ガン剤治療開始もしくは手術。
    手術後や投薬治療中も必要時に受診可能です
PAGE TOP